読売新聞オンライン

メニュー

写真

競技場の車いす席、障害者の医師が「診断」…利用者目線で課題指摘

前の観客が立ち上がっても視界を遮られない車いす席がある「フクダ電子アリーナ」(2014年10月撮影)=雪下さん提供
記事を読む
1 / 1

 車いすの医師で順天堂大非常勤講師の雪下岳彦さん(48)(千葉県白子町)が日米の20か所以上の競技場などにある車いす席の写真をツイッターで紹介し、注目を集めている。車いすの利用者目線で課題を指摘しており、「東京パラリンピ…

無断転載・複製を禁じます

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)