写真

早朝に「ガシャーン」と土石流、義理の娘と孫2人失った男性「2階にいれば大丈夫だと思っていた」

" alt="" decoding="async">
母子3人が犠牲になった土砂崩れ現場(16日午後5時34分、長野県岡谷市で)=早坂洋祐撮影
記事を読む
1 / 1

 本州付近に停滞した前線の影響を受け、全国の広い範囲で記録的な大雨となった。長野県岡谷市では15日早朝、土石流が発生して民家1棟に流れ込み、母子3人が亡くなった。民家には当時、お盆を過ごす親族8人が滞在していた。「現実を…

無断転載・複製を禁じます

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)