写真

座った姿勢で時速48キロのサーブ、シッティングバレー女子日本代表初戦…超高速の「拾って・上げて・打つ」

" alt="" decoding="async">
シッティングバレー女子のイタリア戦に出場した菊池智子(中央)(27日、幕張メッセで)
記事を読む
1 / 1

 東京パラリンピックは27日、シッティングバレー女子の予選が行われ、日本はパラ初出場のイタリアに0―3でストレート負けを喫した。その名の通り、座った姿勢でバレーボールをするこの競技。世界レベルの選手たちが繰り広げる超高速…

無断転載・複製を禁じます

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)