写真

最高齢・西島、脚のけいれん乗り越えてゴール「どうしても着きたかった」…女子マラソン

陸上女子マラソンで力走する西島美保子(右)(5日午前9時55分、東京都新宿区で)=富永健太郎撮影
記事を読む
1 / 1

 東京パラリンピック最終日の5日、陸上のマラソンが行われ、女子マラソン視覚障害のクラスで、日本選手団最年長の66歳、西島美保子(JBMA)が8位でゴールした。 西島は、前傾姿勢で着実に脚を進めて国立競技場に戻ってくると、…

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)