写真

人工肛門ケアなど介護疲れで妻殺害、検察側「自力で入浴や食事できた」「著しく過酷とは言えない」

" alt="" decoding="async">
富山地裁
記事を読む
1 / 1

 自宅で介護していた妻を殺害したとして、殺人罪に問われた富山市犬島新町、無職室谷和夫被告(71)の裁判員裁判の初公判が8日、富山地裁(細野高広裁判長)であった。室谷被告は「間違いありません」と起訴事実を認めた。 起訴状で…

無断転載・複製を禁じます

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)