写真

パキスタン「核開発の父」、カーン博士死去…北朝鮮やイランにつながる「闇市場」築く

カーン博士(AP)
記事を読む
1 / 1

 【ニューデリー=小峰翔】パキスタンの「核開発の父」と呼ばれ、北朝鮮やイランへの核拡散につながる「核の闇市場」を築いたアブドル・カディル・カーン博士が10日、首都イスラマバードの病院で死去した。85歳だった。 1936年…

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)