写真

警察庁出向の男性警視、女性警視の前で下着出すセクハラ…地裁は「ごく一部で短時間」と違法性否定

警察庁
記事を読む
1 / 1

 警察庁に勤務する女性警視が、同庁に出向していた元同僚の男性警視からのセクハラで精神的苦痛を受けたなどとして、男性警視に計550万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が19日、東京地裁であった。筒井健夫裁判長は男性警視に不適切…

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)