写真

北アルプスで死亡していたのは内閣府審議官…標高2800m付近、落石の中に遺体

" alt="" decoding="async">
北穂高岳(2012年8月2日撮影)
記事を読む
1 / 1

 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷神坂の北アルプス北穂高岳で男性の遺体が見つかり、県警高山署は24日、遺体の身元が、東京都北区西が丘、内閣府大臣官房審議官の酒田元洋さん(53)とわかったと発表した。 同署によると、酒田さんは先月…

無断転載・複製を禁じます

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)