写真

「つらい役を任せてごめんね」…困窮の果て、生活保護を知らない長男は母の最後の願いに応えた

" alt="" decoding="async">
名古屋地裁
記事を読む
1 / 1

 経済的に困窮し、自分を殺してほしいと頼む母親の首を絞めて殺害したとして、嘱託殺人罪に問われた愛知県あま市、無職尾崎京介被告(26)に対し、名古屋地裁は15日、懲役3年、保護観察付き執行猶予5年(求刑・懲役4年)の有罪判…

無断転載・複製を禁じます

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)