写真

無登録で暗号資産16億円相当を販売、架空の事業計画で「将来性ある」と勧誘

大阪府警本部
記事を読む
1 / 1

 投資関連サービス会社の役員らが国に無登録で暗号資産(仮想通貨)を販売したとされる事件で、同社代表取締役の山田大紀容疑者(26)らが独自の暗号資産を発行する際に示した事業計画が架空だったことが、捜査関係者への取材でわかっ…

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)