写真

「子供たちに見てもらって元気に」…伝統の押絵羽子板の制作最盛期

丁寧に仕上げられる正月用の羽子板(27日、埼玉県春日部市で)=川口正峰撮影
記事を読む
1 / 1

 伝統工芸品「 押絵 ( おしえ ) 羽子板」の制作が名産地の埼玉県春日部市で最盛期を迎えている。着物姿の女性や役者の図柄に綿を入れて立体感を出し、正月の縁起物として親しまれている。 90年以上の歴史をもつ水野製作所は様…

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)