写真

新種の鎧竜類化石、チリで発見…白亜紀後期の7500万~7200万年前の地層で

戻る 進む
ステゴウロス・エレンガッセンと名付けられた新種の鎧竜の想像図(Mauricio Alvarez氏作画、ネイチャー提供)
記事を読む
1 / 2

 全身が硬い骨で覆われた恐竜で、 鎧 ( よろい ) 竜類と呼ばれる「アンキロサウルス」の新種の化石を発見したと、チリ大などの研究チームが2日、英科学誌ネイチャーに発表する。尾の先端が葉っぱのように平らに広がっており、敵…

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)