写真

「第6波」に備え、応援の派遣医師・看護師を各3000人確保…医療逼迫の地域に

戻る 進む
記事を読む
1 / 2

 厚生労働省は7日、新型コロナウイルスの感染「第6波」に備えた医療提供体制の計画を発表した。今夏の第5波ピーク時の3割増となる3万7000人が確実に入院できる体制として、各都道府県が計約4万6000床の病床と、応援派遣で…

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)