写真

月額2~3千円で熱中症予防…高齢者宅のエアコン普及へ、今冬からモデル事業

環境省
記事を読む
1 / 1

 環境省は、高齢者の熱中症対策としてエアコンの定額制(サブスクリプション)サービスのモデル事業を始める。エアコン設置のハードルとなっている高額の初期費用を抑えることで、高齢者宅に普及させるのが狙いだ。 同省によると、一般…

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)