写真

女児衰弱死の母を「子殺し毒ママ」と表現、漫画出版元と作者に賠償命令

大阪地方裁判所
記事を読む
1 / 1

 大阪府茨木市で2014年に起きた難病の女児(当時3歳)が衰弱死した事件を題材にした漫画で、虐待した親として描かれ、名誉を傷つけられたとして、母親(27)らが出版元の「ぶんか社」(東京)と作者に計1100万円の損害賠償と…

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)