写真

「祈れば救われる」「ワクチンに悪魔」東方正教会の信徒多い国で接種率低迷

戻る 進む
記事を読む
2 / 3

 キリスト教の東方正教会の信徒が多い国で、新型コロナウイルスのワクチン接種が進んでいない。国民の約9割が正教会信徒のルーマニアでは、信仰上の理由に加えて虚偽の情報も広がり、接種率の低迷を招いている。(ブカレスト 笹子美奈…

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)