写真

政府、濃厚接触者の待機期間を10日に短縮…社会機能維持

「オミクロン株」(国立感染症研究所提供)
記事を読む
1 / 1

 政府は14日、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」対策として、感染者の濃厚接触者に求める自宅や宿泊施設での待機期間を現行の14日間から10日間に短縮すると発表し、都道府県に通知した。同株の潜伏期間が従来株より短い…

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)