写真

『文豪と印影』西川清史著(左右社) 2420円

右上から時計回りに太宰治、谷崎潤一郎、司馬遼太郎、稲垣足穂(いずれも本書より)
記事を読む
1 / 1

評・鵜飼哲夫(読売新聞編集委員)  昭和40年代頃まで、著者名や出版社などを記した本の奥付には著者のハンコが 捺 ( お ) されていた。発行部数に見合った印税(著作権使用料)を著者に支払うためだ。作者は一冊一冊に検印し…

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)