写真

4割欠勤でも列車運行、食品売り場維持を最優先…「感染急増でも業務継続」要請へ

戻る 進む
京浜急行電鉄は、従業員の4割が欠勤する可能性を見据えた事業継続計画を策定している(2021年4月撮影)
記事を読む
1 / 2

 政府は19日に改定した新型コロナ対策の基本的対処方針で、都道府県が、社会経済活動に不可欠な事業者に対し、欠勤者が多く発生した場合でも業務を継続するよう要請することを盛り込んだ。主要企業は職場で感染者や濃厚接触者が急増し…

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)