写真

母親をつきっきりで介護、死去後に弔問の担当医師ら人質に…近所の女性「2・3年前に越してきた」

戻る 進む
立てこもり事件があった民家(中央)を調べる警察官ら(28日午前9時2分、埼玉県ふじみ野市で、読売ヘリから)=富永健太郎撮影
記事を読む
2 / 4

 27日午後9時頃、埼玉県ふじみ野市大井武蔵野の民家で、住人の男が猟銃のようなものを発砲し、訪ねてきた医師鈴木純一さん(44)を人質にとって立てこもった。県警は28日午前8時頃、現場の民家に警察官を突入させ、殺人未遂容疑…

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)