写真

宇野の刃 鋼の強さ…名古屋の企業製 溶接せず削り出し「最高の滑りを」

戻る 進む
山一ハガネのブレードをつけた靴で練習した宇野選手(3日、北京・首都体育館で)=若杉和希撮影
記事を読む
1 / 2

 北京五輪は4日夜の開会式を前に、フィギュアスケート団体が始まった。男子ショートプログラムに出場した宇野昌磨選手(24)の足元を支えるのは、名古屋市で特殊鋼加工を手がける企業のブレード(刃)。鋼の塊から削り出した逸品で、…

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)