写真

宇野 先輩の意地 手ついても自己ベスト…フィギュア

男子SPで3位になった宇野昌磨の演技=竹田津敦史撮影
記事を読む
1 / 1

 宇野は驚いた。4回転―3回転の連続トウループの2本目の着氷でバランスを崩して右手をついたにもかかわらず、自己ベストを更新したからだ。他の二つのジャンプで3点台の加点を引き出すことができたためで、「GOEの大切さを改めて…

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)