写真

『都市を上映せよ ソ連映画が築いたスターリニズムの建築空間』本田晃子著(東京大学出版会) 3740円/『ソヴィエト宮殿 建設計画の誕生から頓挫まで』鈴木佑也著(水声社) 6600円

◇ほんだ・あきこ=岡山大准教授◇すずき・ゆうや=新潟国際情報大准教授。両氏とも、ロシア建築史や表象文化論などを研究。
記事を読む
1 / 1

評・小川哲(作家)  全体主義国家は、どのようにして大衆の心を 掴 ( つか ) むのだろうか。 スターリン時代のソ連において1930年代半ばから推し進められた「社会主義リアリズム」という理念は、芸術作品を政府の方針によ…

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)