写真

「ファーストスター」に現実味…129億光年離れた星観測、NASAが40億光年更新

ハッブル宇宙望遠鏡で撮影された画像。矢印で示している小さな星がエアレンデル(NASA、ESAなど提供)
記事を読む
1 / 1

 地球から129億光年離れた星を米航空宇宙局(NASA)のハッブル宇宙望遠鏡で観測したと、千葉大などの国際研究チームが発表した。銀河ではない星単独の観測は、これまで90億光年が最遠方の記録だったが、それを約40億光年更新…

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)