写真

藤子(A)さんが愛し続けた古里の味…氷見のうどん・高岡の昆布

戻る 進む
藤子さんが好きだった「特上黒とろろ」(高岡市定塚町の「塩谷昆布店」で)
記事を読む
3 / 4

 4月7日に亡くなった漫画家・藤子不二雄(A)さんには、愛し続けた古里の味があった。潮の香りをたたえ、素朴でどこか懐かしい。漫画家を目指して上京した後も、帰省のたびに店を訪れて店主らと交流し、自宅へのお取り寄せも続けた。…

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)