写真

「条件付き運航」の社長説明、同業者批判「認識が間違っている」「荒天予報なら出ない」

「知床遊覧船」の桂田精一社長が記者会見で提示した条件付き運航に関する資料(4月27日、北海道斜里町で)=大石健登撮影
記事を読む
1 / 1

 北海道・知床半島の沖合で乗客乗員26人が乗った観光船「KAZU I(カズワン)」が沈没した事故で、運航会社「知床遊覧船」(北海道斜里町)の桂田精一社長(58)が悪天候が予想される中、出航した当時の判断を「条件付き運航」…

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)