写真

公明「安保」発信に苦慮…根強い慎重姿勢、自民と温度差

記事を読む
1 / 1

 公明党が、夏の参院選に向けた安全保障政策の打ち出し方に苦慮している。ロシアのウクライナ侵攻で有権者の関心が高まり、連立を組む自民党が防衛費の増額などを打ち出す一方、公明内では慎重姿勢が根強くて踏み込んだ発信をしづらいた…

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)