写真

酸素濃度を測定せずマンホール内に…下水道工事検査の市職員が死亡

大阪府警察本部
記事を読む
1 / 1

 大阪府貝塚市の下水道工事の検査で男性職員(56)がマンホール内に入った直後に倒れ意識不明となった事故で、大阪府警貝塚署は17日、男性職員が同日に死亡したと発表した。死因は、酸欠状態になったことによる蘇生後脳症。 事故は…

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)