来年10月予定「即位の礼」休日に…政府が検討

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 政府は、2019年5月の皇太子さまの即位を受け、同年10月に予定されている「即位の礼」の当日を休日にする方向で検討に入った。

 休日とすることで国民的な祝賀行事としたい考えだ。天皇陛下の退位に伴い、天皇誕生日でなくなる12月23日を祝日として残すかどうかは慎重に検討する方針だ。

 政府は退位と即位に伴う各行事のあり方を検討する式典準備委員会(委員長・菅官房長官)で3月中旬頃に基本方針をまとめた後、即位の礼の具体的な日程や内容を詰める。休日化する場合、年内に関連法案を提出する方針だ。

 1990年11月12日に行われた天皇陛下の即位の礼では、即位を公に宣明する「正殿の儀」に首相、閣僚や各国の元首ら約2200人を招いたほか、皇居宮殿から赤坂御所(現・東宮御所)まで陛下がパレードする「祝賀御列の儀」が行われた。月曜日だった当日は臨時の休日とし、土日とあわせて3連休となった。

 政府は今回の即位の礼について、簡素化を図りつつ前回の形式を踏襲する方針で、「国民がこぞって即位をお祝いする環境づくりが必要」(首相官邸筋)として、今回も休日とすべきだとの声が強まっている。

 皇太子さまの即位日となり「剣璽けんじ等承継の儀」などの式典が開かれる予定の2019年5月1日も、臨時の休日か祝日とする方針だ。天皇誕生日を巡っては、退位を定める皇室典範特例法の規定により、退位後は12月23日から皇太子さまの誕生日である2月23日に改められる。

 昭和天皇の誕生日だった4月29日は、崩御後に政府提出法案で祝日法を改正し、「みどりの日」として祝日とした。政府は、12月23日を引き続き祝日とするかどうかは、与野党や国民世論の動向を見極める考えで、祝日とする場合、与野党による議員立法に委ねることも検討している。

6781 0 政治 2018/02/11 08:20:00 2018/02/11 08:20:00 2018/02/11 08:20:00

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ