内閣支持、3ポイント増の42%…読売世論調査

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 読売新聞社は18~20日、全国世論調査を実施した。

 安倍内閣の支持率は42%で、前回調査(4月20~22日)の39%から3ポイント上がった。

 内閣支持率は3月9~11日調査から前回まで3回連続で下がっていた。不支持率は47%で前回から6ポイント低下したが、3月31日~4月1日の前々回調査以来、3回連続で不支持が支持を上回っている。無党派層では、支持17%(前回17%)、不支持68%(同73%)と依然厳しい見方が多い。

 安倍内閣が最重視する働き方改革関連法案について聞くと、今国会で「成立させるべきだ」と答えた人は全体の25%(前回26%)で、「そうは思わない」が60%(同62%)に上り、理解が十分に進んでいない。

 カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案についても、今国会で「成立させるべきだ」は23%にとどまり、「そうは思わない」が69%に達した。

 学校法人「加計かけ学園」の獣医学部新設を巡り、首相秘書官だった柳瀬唯夫氏が加計学園の関係者と首相官邸で3回面会したことについて、報告を受けておらず、指示したことはないという安倍首相の説明に「納得できない」は77%に上った。

 一方、森友学園や加計学園、公文書管理を巡る一連の問題を、国会が「優先して議論すべきだ」は40%(前回46%)に下がり、「そうは思わない」が52%(同46%)と半数を超えた。

 次の自民党総裁にふさわしい人は、小泉進次郎・筆頭副幹事長が32%で最も多く、安倍首相と石破茂・元幹事長が各23%などで続いた。

 政党支持率は、自民党37%(前回37%)、立憲民主党7%(同10%)などの順。今月結党した国民民主党は2%。無党派層は42%(同40%)だった。

22557 0 政治 2018/05/21 06:00:00 2018/05/21 06:00:00 2018/05/21 06:00:00

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ