来年GWは10連休、皇太子さま即位の日が祝日

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

「式典委員会」の初会合であいさつをする安倍首相(右から2人目)(12日午前10時31分、首相官邸で)=青山謙太郎撮影
「式典委員会」の初会合であいさつをする安倍首相(右から2人目)(12日午前10時31分、首相官邸で)=青山謙太郎撮影

 政府は12日午前の閣議で、天皇陛下の退位と皇太子さまの即位に伴う儀式の詳細を検討する「式典委員会」(委員長・安倍首相)の設置を決定した。委員会は続いて初会合を開き、秋篠宮さまが皇位継承順位1位の皇嗣となったことを広く国民に示す「立皇嗣りっこうしの礼」を2020年4月19日に行うことを決めた。首相は、皇太子さまが即位する19年5月1日と、新天皇が即位を宣言する「即位礼正殿の儀」が行われる来年10月22日を祝日とする考えを示した。

 祝日はいずれも来年限りとする。祝日法に基づき、祝日に挟まれる5月1日前後の4月30日と5月2日も休日となるため、来年は4月27日から5月6日まで10連休となる見通し。秋の臨時国会に関連法案を提出する。

 式典委員会は、退位と即位に伴う一連の儀式の出席者や式次第を検討し、大綱の形でまとめる。委員会に合わせ、省庁間の連絡調整に当たる「式典実施連絡本部」(本部長・菅官房長官)も発足し、現行憲法下で初の退位に向けた政府の準備体制が整った。

 初会合では、19年2月24日に都内で行う「天皇陛下ご在位三十年記念式典」の式次第も決めた。式では、天皇陛下が来し方を振り返る「お言葉」を述べられる。

 式典委員会は首相や副委員長の菅氏、委員の宮内庁長官ら計8人でつくる。実施連絡本部は計25人とし、菅氏が本部長を務める。

 委員会は今後1~2か月に1回、会合を開く。退位の儀式となる「退位礼正殿の儀」や「即位礼正殿の儀」、国内外の要人らを招く「饗宴の儀」などの式次第や参列者などを詰める。

 式典委員会の発足に伴い、儀式に関する基本方針をまとめた「式典準備委員会」(委員長・菅官房長官)は廃止された。

44218 0 政治 2018/10/12 17:45:00 2018/10/12 17:45:00 2018/10/12 17:45:00 「皇位継承式典委員会」の初会合であいさつをする安倍首相(右から2人目)(12日午前10時31分、首相官邸で)=青山謙太郎撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20181012-OYT1I50009-T.jpg?type=thumbnail

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ