秋篠宮さま発言、憲法上問題ないとの見方…菅氏

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 菅官房長官は30日の記者会見で、秋篠宮さまが皇位継承に伴う儀式「大嘗祭だいじょうさい」への宮廷費(公費)支出を疑問視されたことに、「改めて何らかの対応をすることは考えていない」と述べた。来年11月の大嘗祭に公費を充てる政府方針は見直さない考えを強調したものだ。

 秋篠宮さまの発言をめぐっては、政治的な発言とみて問題視する向きもある。だが、菅氏は「記者からの質問にご自身のお考えを述べられたものだ」として、憲法上の問題はないとの見方を示した。

 政府は4月の閣議で、平成への代替わりを踏襲し、大嘗祭に公費を支出する方針を口頭了解した。西村康稔官房副長官は30日の記者会見で「(前回の大嘗祭は)現行憲法下で十分検討が行われた上で挙行された」と強調した。

無断転載禁止
51690 0 政治 2018/11/30 19:34:00 2018/11/30 19:34:00 2018/11/30 19:34:00

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ