「保守派」に配慮…新元号公表、4月1日以降に

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 政府は、来年5月1日の皇太子さまの即位に伴う改元に先立ち、「平成」に代わる新たな元号を4月1日以降に公表する方向だ。新元号の事前公表に否定的な保守派の意見を踏まえ、新元号公表から改元までの期間をできるだけ短くすることにした。

 政府は改元に伴う官民のシステム改修にかかる期間を調べており、調査結果が出そろう年末にも、新元号の公表時期を最終判断する見通しだ。

 新元号の事前公表は、システム改修などの時間を確保することで、改元に伴う国民生活の混乱を避ける狙いがある。

 政府は5月、システム改修に「1か月程度は必要」(菅官房長官)とみて、新元号の公表を改元の1か月前と想定して準備作業を進める方針を確認した。来年2月24日の「天皇陛下ご在位三十年記念式典」の後、陛下の公務が落ち着いた時期に新元号を公表する段取りを模索していた。

 しかし、自民党内などの保守派は、天皇一代に元号一つを定める「一世一元」制を重視する。陛下の在位中に新元号を事前公表すれば、「平成」と新元号が並び立ち、「天皇の権威の二重化につながる」と反発していた。新元号は皇太子さまの即位後に公表すべきだとして、政府への働きかけを強めている。

 そのため、政府は来年4月1日以降で公表時期を探ることにした。ただ、改修に時間がかかるシステムがあるうえ、「国民生活に支障を生じさせないことを最優先する」(内閣官房幹部)との立場を踏まえ、適切な時期に事前公表する方針は堅持する構えだ。

 政府内には、いつ事前公表するかをあらかじめ明らかにしておくべきだとの意見が出ている。システム改修に着手する時期が分かっていれば、要員を集めておくなどして効率的に作業が始められるためだ。公表時期が改元から1か月以内にずれ込んでも、短くなった日数分をカバーできる効果も見込める。

 一方、「新元号を巡る報道が過熱して、好ましくない」とする意見もあり、協議を重ねる。

 新元号は「平成」に次いで248番目となる。政府は元号の選定にあたり、平成の改元手続きを踏襲し、有識者や衆参両院議長らの意見を踏まえて決める方針だ。すでに複数の学者から候補案の提出を受けている。

無断転載禁止
52343 0 政治 2018/12/05 09:21:00 2018/12/05 09:21:00 2018/12/05 09:21:00

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ