文字サイズ

    文氏発言に外務省幹部「首かしげざるを得ない」

     日本政府内からは10日、韓国の文在寅ムンジェイン大統領に対する失望の声が相次いだ。文氏が同日の記者会見で、韓国人元徴用工の訴訟を巡り、韓国の国際法違反の状態を是正する意思を見せなかったためだ。

     文氏は会見で、「日本の指導者たちが問題を政治争点化している」などと、日本批判を展開した。外務省幹部は「首をかしげざるを得ない。大事な問題だから、2国間協議を要請した」と批判。文氏が司法判断を尊重すると述べたことについても、「三権分立を理由に国際法をないがしろにすべきでない」と指摘した。佐藤正久外務副大臣は文氏の発言について、ツイッターに「協議要請中なのにこの発言とは。事実を事実として見ない発言の繰り返しだ」と書き込んだ。

    (ここまで312文字 / 残り317文字)
    2019年01月11日 07時36分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP