来日の韓国議員「政府は判決尊重せざるを得ず」

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 超党派の国会議員でつくる「日韓議員連盟」の額賀福志郎会長ら幹部は11日、来日中の韓日議連の姜昌一カンチャンイル会長ら韓国国会議員と東京都内で会食し、徴用工訴訟問題などで悪化した日韓関係について意見を交わした。

 出席者によると、額賀氏は、請求権問題の「完全かつ最終的解決」を確認した1965年の日韓請求権・経済協力協定について「日韓関係の原点であり、守られるべきだ」と訴えた。姜氏は「韓国政府は、韓国大法院(最高裁)の判決を尊重せざるを得ない」と主張した上で、「互いに知恵を出し合うべきだ」と述べたという。

18928 0 政治 2019/01/11 20:54:00 2019/01/21 12:03:44 2019/01/21 12:03:44

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ