「選挙の神様」と呼ばれた自民党職員、定年退職

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 自民党職員として長年、選挙対策に携わった久米晃首席審議役(65)が定年退職した。辞令は14日付。

 久米氏は愛知県出身。1980年6月に党職員となり、一貫して選挙畑を歩んだ。2011年10月から5年4か月、党事務局長を務めた。事務方の重鎮として知られ、永田町では「選挙の神様」とも呼ばれた。

38868 0 政治 2019/01/16 19:50:00 2019/01/21 12:28:17 2019/01/21 12:28:17

ニュースランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ