韓国の無礼発言「極めて不適切」…統合幕僚長

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 自衛隊の河野克俊統合幕僚長は17日、定例記者会見で、韓国海軍駆逐艦による火器管制レーダーの照射問題を巡って韓国国防省が日本の対応を「無礼」と批判したことについて、「極めて不適切で遺憾だ」と述べた。

 韓国国防省の報道官は15日、日韓の防衛当局間協議で双方が保有する電波情報を開示し合うよう日本が提案したことについて、「実に無礼であり、解決の意思がない強引な主張だ」と語った。

 河野氏はこの発言について、「主権国家たる我が国に対して、責任ある韓国の人間が『無礼』などと言ったことは極めて不適切で遺憾だ」と反論。「我々の要求は全く合理的なもので、韓国の批判は当たらない」とした。

無断転載禁止
46891 0 政治 2019/01/17 18:42:00 2019/01/21 12:33:23 2019/01/21 12:33:23

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ