韓国に「制裁、非難決議を」…防衛協力に影響も

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 韓国海軍駆逐艦による海上自衛隊P1哨戒機への火器管制レーダー照射問題に関し、岩屋防衛相は22日の自民党国防部会に出席し、「日韓、日米韓の防衛協力は継続する努力をするが、タイミングや中身による。適時適切に判断する」と述べた。防衛協力の重要性には変化はないものの、照射問題の影響は避けられないとの認識を示したものだ。

 これに先立ち、岩屋氏は閣議後の記者会見で、「私どもの見解を受け止めて、誠意ある対応をしてほしい」と述べ、韓国側に再発防止を重ねて呼びかけた。

 自民党国防部会の会合では、出席議員から「韓国に制裁を加えるべきだ」「国会で韓国に対する非難決議をするべきだ」などの強硬論が相次いだ。

 日本政府関係者によると、照射問題の余波で、春ごろに予定している海自護衛艦の韓国・釜山プサンへの入港を見送ることも検討しているという。

無断転載禁止
165627 0 政治 2019/01/23 08:49:00 2019/01/24 10:35:51 2019/01/24 10:35:51

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ