参院比例選投票先、自民40%…読売世論調査

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 読売新聞社の全国世論調査で、今夏の参院選での比例選投票先を聞いたところ、自民党が40%でトップ、2位は立憲民主党で12%だった。以下、共産党5%、公明党4%、日本維新の会が2%などで続いた。「決めていない」は26%だった。

 自民、公明の与党が大勝した前回参院選前の2016年1月調査では、自民党が37%、当時最大野党の民主党が13%などで、「決めていない」は22%だった。

 今回調査で、全体の約4割を占める無党派層に限ると、比例選投票先は自民16%と立民14%がほぼ並び、「決めていない」が45%と多かった。

 参院選の結果、与党が参院で過半数の議席を「維持する方がよい」は全体で45%、「そうは思わない」が40%。選挙区選で、立民などの野党が候補者をできるだけ「統一する方がよい」は51%、「統一する必要はない」は31%だった。

無断転載禁止
401733 0 政治 2019/01/28 06:00:00 2019/01/29 10:13:50 2019/01/29 10:13:50

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ