「辞職の他に選択肢はない」…明石市長会見詳報

[読者会員限定]
無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

辞職を表明した泉房穂市長(1日午後、兵庫県明石市で)=里見研撮影
辞職を表明した泉房穂市長(1日午後、兵庫県明石市で)=里見研撮影

 職員への暴言が問題になった兵庫県明石市の泉房穂市長(55)は1日、市議会議長宛てに2日付の辞職願を提出し、午後2時から市役所で記者会見を開いた。暴言について改めて謝罪し、「リーダーとしての資質に欠けている」と辞職の理由を述べた一方で、辞職に伴う市長選に出馬するかについては明言しなかった。

 泉市長は冒頭、15秒間ほど深々と頭を下げた。

 「まず最初に、改めて今回のことにつき、明石市民を始め(とする方々に)、本当に申し訳ないと思っています。1月29日、記者会見を開いて、許されない行為であり、自らに対して処分をする旨をお伝えしておりましたが、辞職をもって他に選択肢はないという結論に至りました。この間、市長としての責任という2文字を真剣に、本当に必死に考えました。リーダーとしての資質、そうしたテーマも精いっぱい考えました。もちろん、市長として4年の任期をしっかりとやり遂げる責任もあります。しかしながら、その責任があるからといって処分内容が変わることはないと考えます。

 今回の私の行為は断じて許されないことであり、それがいかなる動機から発したものであったとしても、許されることにはならない。また今回のきっかけとなった、いわゆる立ち退き交渉の遅れは、その責任は一手に市長にあり、部下にあるわけではありません。もっとしっかりと早い段階から状況をつぶさに確認し、市長は当然人事権もある立場ですから、重要事業であれば、その分野により多くの人員を配置するなど、やれるべきことは数多くあったにもかかわらず、それを放置したのは市長である私の責任であり、その責任も合わせて私が負うべきだと考えています。

 これまでも不祥事に対して厳しい対応をとってきた者として、自分自身に対する処分がそれよりも軽いことはあり得ません。自らにこそ厳しい処分を下すべきと考え、辞職という決断に至りました。どうして本日なのかということは、結論が明確な以上、速やかにそれに沿った対応をするべきことに加え、その間の報道を含め、現在、市役所の業務が、数多くの電話などにより支障を来している状況にあり、市民に迷惑が及ぶので、一刻も早くそれを解消すべきだという思いもあります。特に今回の報道を受け、『明石市の職員の仕事の仕方が問題ではなかったか』というような意見も出ている中で、『それは明確に違うんだ。市長の責任で、職員の責任ではない』とはっきりと、より早く伝えたいという思いもありました。

 また、リーダーとしての資質を考えた時、今の私がリーダーの資質を欠いているのは明らかです。部下をどなったり、土下座をしたりするのが市長の仕事ではありません。自分の感情をコントロールできず、激高することそのものが、リーダーとして資質を欠いているのは明らかです。加えて、自らの得意分野である子育てや福祉行政などについては、密に連絡を取り合いながらしっかりと施策を進めていたのにもかかわらず、苦手分野の道路行政はいわば任せきりにし、勉強をしっかりすることなく今日に至ったことも、リーダーの資質を欠いていると私は思っています。

 『しんどいことは後回しにするな』と私が発言したという報道もありましたが、自分の欠点である怒りの感情をコントロールできないこと、得意分野ばかりに関心がいき、苦手分野を後回しにすること、この二つは自分自身の欠点であり、この欠点はすなわちリーダーの資質を欠いているということだとも、改めて深く反省しているところであります。今回のことは明石市民のみなさんを始め、明石市の街づくりに応援頂いた方に対して、本当に申し訳ないと、深く深く反省しています。

 最後に明石市の職員は本当にしっかり仕事をしています。一生懸命それぞれの持てる力を発揮しながら仕事をしているのであって、決してさぼっているわけではありません。市役所の職員は本当に頑張っている。こんな欠点だらけの市長とともに明石の街づくりを一緒になってやっていただいた市の職員に本当に感謝を伝えたいし、自分の対応について、市の職員におわびしたい気持ちでいっぱいです。申し訳ありませんでした」

――1月29日の記者会見では、市民に4月の市長選で判断してほしいと言っていたが、改めて立候補の意向は。

 「29日の記者会見でそのような話はしました。ただ、自分自身への処分をする必要があります。処分は辞職だということが本日の結論であり、それ以上のことはまだ考えられる段階ではありません」

――辞めなくてもいいのではないかという声もある。得意分野ではかなり実績を上げていると市民は感じている。

 「今回のことを考える際に、様々な責任を考えました。選挙で選ばれた立場として、4年の任期をしっかりといかなる状況であろうが全うする責任もあるかと思います。やりかけの仕事をしっかり引き続きやっていくという責任もあろうかと思います。ただ今回については、自分がしたことの責任についていかなる処分をするかというテーマであり、ほかの責任があるからといって処分を甘くするわけにはいかない。自分のしたことは、いかなる理由をつけたとしても許されないことと思います。自分の行為については辞職以外に処分はないという考えに至っています」

――どのような形で辞職を決意したのか。

 (約25秒沈黙)「いろんな声が寄せられてきました。私の支援者の中で辞職を言う者は一人もいません。ただ、今回は繰り返しになりますが、市長という処分権者が自らの行為に対して、いかなる処分をするかというテーマなので、支援者の意見がどうであれ、処分する立場としては、辞職以外に責任の取りようがないという結論に至った。最終的に(決めたの)は今朝であります」

――次の選挙に出るのか出ないのか。

 「そこは本当に分からないです。そこの部分の検討などできていないです。正直、支援者からは『出ろ』との声ばかりです。当然ながら『早く辞めろ』という声もありますし、自分としては処分の対象の行為だけでなく、リーダーの資質を問われた。怒りの感情をコントロールできないリーダーがふさわしいわけではありません。苦手を後回しにし、漫然と放置しておきながら、(立ち退きの完了予定)期間を過ぎたことで部下を叱責するようなリーダーはリーダーにふさわしいと思いません。どういう処分をするかで精いっぱいだったのが正直であり、その後を何か言える段階ではありません」

――29日の会見では、職員が立ち退き交渉で金額の提示もしていなかったことに怒ったと説明していたが、今日は市長の責任だと。説明が変化した理由は。

 「29日の記者会見の後、自分自身のとった行動の原因は何なのか、真剣に考えました。怒りの感情をコントロールできなかったこと、そして何よりも苦手分野である道路行政についてしっかりやってこなかったのは自分自身であり、現場の職員が悪いわけではない。今回の処分は、暴言のみならず、暴言のきっかけになったことについても、立ち退き交渉が予定期間内に終わらなかったことも含めて、自らの責任だと思っています」

――怒りの背景はどこにあるのか。

 「もちろん、市長として自分の古里である明石を良くしたいと思ってきた。そのために努力を重ね、情熱を持っている認識はありますが、だからといって怒りの感情をコントロールできなかった理由にはならず、むしろ近しい者からも、私が時に激高することについて、『そういう時こそ、少し間をおいて、ぐっとこらえて』と言われたことが実際にありますので、友人の忠告を聞き入れず、放置してしまったことについても本当に反省しています」

――出直し市長選に出て市民の判断を仰ぎたい気持ちが残っているのか。

 「29日の記者会見の後、29、30、31日と必死に、自らへの処分がいかにあるべきかと考えた結果、辞職という処分しかないと至ったのであって、それ以上何か言える段階では本当にありません。私のもう一つの欠点として、自分が正しいと思うと突っ走ることがありますから、今回ばかりはしっかり周りの意見を聞こうと思います」

――新年度予算編成の時期に市長の職を離れることはどう考えるか。

 「そのことについても申し訳ないと思います。市長の仕事は365日、24時間であり、いつ災害が起こるかも知れない状況の中で、空白の期間を作れないという思いは当然強いわけです。ただ、他のいかなる理由であれ、今回自ら取った行為は許されないことで、結論が変わることはない。明日(2日)付で辞職という形の願いを出している。明日議会で認めていただき、明日以降は副市長にしっかり市長の任を背負ってもらいたい。いつ何時災害が発生するかもしれない中で、しっかりと対応していただきたいと、幹部職員に強くお願いしたところであります」

――市長としての心残りは。

 「(涙声で)大変無念ですよね。ただ、繰り返しになりますけど、自分自身の気持ちがどうかではなく、今回の処分は辞職以外の結論はないので、そこはしょうがないです。申し訳ないです」

 「4月には児童相談所も大きくなるし、やりたいこともまだまだいっぱいありますし、自分自身の気持ちを言ったら辞めたくありません。自分がやったことの責任は自分が取るのであって、自分の言った言葉は自分の言葉ですし、自分の取った態度は自分の取った態度ですから。本当に、気持ちとして辞めたくないですよ。であれば、ああいった暴言を吐かなければよかったわけだ。現に自分がしてしまったことですから、自分がしたことの責任は取るんだと」

――仮定の話だが、次の市長選に出て通れば、1か月後にまた市長選になる。もっといろんな意見を聞いてから辞めると考えるべきではないか。

 「いろんな要素はあると思います。途中で投げ出す責任もあります。やりかけの仕事が途中になる無責任さもあると思います。全ての責任を果たしたいと強く思っていたが、全ての責任を果たすような結論が見つからなかった。行為の責任についての処分ですから、辞職をもって他に方法はないという結論を導き出した。それ以上、言える状況じゃない」

――自分の発言についてどう思うか。2期8年の評価の総括は。

 「自分の発言を聞いたのは、テープを聴いたのが初めてだった。自分の感情の中で対応しているので、受け手の立場に思いや想像力が至っていなく、ひどいことをしていたと思います。(市政への)評価については語れるような状況ではありません。まさか、こういった形で辞めるとは思っていなかったので」

――他に叱責したことで思い出すことは。

 「改めて思い返して、職員に対して、厳しい口調は多々あったと思います。特に、街づくりの方針転換、予算を減らす場面、大きな人事異動とか、国の方針と違った対応をする時とか、相当強い思いの中で、厳しい対応をしてきた。言葉は覚えてないが、相当激しい態度を取ってきたことは覚えています」

 「市長になる前から激高するのが私の欠点です。どのような態度を取っているのか、自覚できてなかったのだろうと反省しています」

 「今回のテープを自ら聴いて、いかにひどいことを言い、威圧的態度で臨んでいたか。近しい者からも『もっと落ち着いて、どなったりするな』と言われていた。職員もですが、それ以外も私の態度で被害を受けた方がいれば、おわびしたい気持ちです」

――市長は「職員がさぼっている」と認識していたのではないのか。

 「一番角の困難な物件が最後だったことを言ったのであって、少なくとも交差点の改良はできたのではないか(という意味だ)。道路行政の対応はイレギュラーではなく一般的な対応で、さぼっていたとは思っていません。どうして人が死んだ交差点で改良工事をもっと早くできないのかと。職員がさぼったという認識ではない。一番大事な角(交差点)なのにどうして、という認識で出た発言です」

――次の選挙に出るかもしれないと受け止めるが。

 「この瞬間は何とも言えません。近しい者から『会見やめろ、辞職するな』とずっと夜中に連絡がありました。しかし、辞める決断でここに臨んでいて、それ以上何か言える段階ではありません。辞職は一刻も早くするべきだと思いました」

――リーダーの資質がないとして辞めるわけだが、次の市長にふさわしいものは。

 「私の口から言える立場ではありません。語る資格はありません」

 (最後に)「本当に、こういった形で不名誉なことで明石の名前が全国に知れ渡って、明石市民の皆さんや職員、明石を応援していただいた人に本当に申し訳ないというか、バカなことしたなと。55歳になるまで、怒りの感情を抑えるとか、苦手分野をしっかり頑張るとか、そういったことをできなかった自分の愚かさというか、その結果こういったことになってしまって、本当に申し訳ないし、恥ずかしいし。ただ、やっぱり、ちょっとすいません、(次の市長選については)今の段階では気持ちがまとまらないので、今回ばかりは周りの思いをしっかり聞こうと思います。本当に申し訳ありませんでした」

418619 1 政治 2019/02/01 19:59:00 2019/02/01 22:57:49 2019/02/01 22:57:49 辞職を表明した泉房穂・明石市長(1日午後2時11分、兵庫県明石市で)=里見研撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/02/20190201-OYT1I50101-T.jpg?type=thumbnail

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ