落選の山梨知事、10日間登庁せず…まだ任期中

[読者会員限定]
無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 1月27日投開票の山梨県知事選後の10日間、落選した後藤知事が一度も登庁していない。任期は今月16日までだが、県秘書課は「公務がない」としている。

 5日に県庁で行われた毎年恒例の「知事さんと語る会」。県内小中学校の児童会・生徒会役員の代表が学校生活について報告する行事で、「母校がなくなるのは悲しい。人口減に歯止めをかけて」という要望を聞いたのは、後藤知事に代わって出席した吉原美幸副知事だった。

 県秘書課によると、知事選の結果を受け、「将来の話になるので新知事の就任後に実施できないか」と調整を図ったが、参加者の日程が合わず、副知事が対応したという。

 同課によると、知事の登庁日数に規定はない。新知事の判断が必要となる庁内の打ち合わせは行っていない。災害など緊急で登庁が必要な事案もなく、同課は「行政に支障はない」としている。

 後藤知事は7日午後、叙勲の伝達式のため登庁する予定という。

433800 1 政治 2019/02/07 07:26:00 2019/02/07 07:26:00 2019/02/07 07:26:00

ニュースランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ