2次補正予算が成立…防災強化など2兆7千億円

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

参院本会議で2018年度第2次補正予算が可決、成立し、一礼する安倍首相(右)(7日午後8時4分、国会で)=米山要撮影
参院本会議で2018年度第2次補正予算が可決、成立し、一礼する安倍首相(右)(7日午後8時4分、国会で)=米山要撮影

 2018年度第2次補正予算は7日の参院本会議で与党と日本維新の会などの賛成多数で可決、成立した。防災・減災に向けた国土強靱きょうじん化に1兆723億円、日豪など11か国の環太平洋経済連携協定(TPP)発効に伴う農業対策に3256億円などが柱で、総額は2兆7097億円。

 補正予算成立を受け、衆院予算委員会では8日から安倍首相ら全閣僚が出席して19年度予算案の実質審議が始まる。不適切統計問題を巡り、厚生労働省の大西康之・前政策統括官が参考人として出席する。昨年12月に問題を把握して以降の対応などを、どう説明するかが焦点となる。

 自民党は当初、大西氏の招致に消極的だった。だが、「予算案の円滑な審議入りにはやむを得ない」(幹部)と軌道修正し、7日の衆院予算委理事懇談会で応じる考えを野党に伝えた。

 7日に行われた参院予算委で、首相は厚労省に関し「国民生活に直結する分、誤りが起きた場合は影響が重大だ。厚労相にはしっかりとしたガバナンス(統治)を有する組織を確立してほしい」と語った。昨年の実質賃金上昇率について、野党試算と同じ手法による数値の公表には「可能かどうかも含めて検討している」と慎重姿勢を示した。

434917 0 政治 2019/02/07 20:10:00 2019/02/08 03:06:58 2019/02/08 03:06:58 参院本会議で2018年度第2次補正予算が可決成立し、一礼する安倍首相(右端)(7日午後8時4分、国会で)=米山要撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/02/20190207-OYT1I50081-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ