首相は「美しい書簡コピーくれた」…トランプ氏

[読者会員限定]
無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=大木聖馬】米国のトランプ大統領は15日、安倍首相からノーベル平和賞に推薦されたことを明らかにした。トランプ氏は「たぶん私は受賞しないが、それでもいい」と述べる一方、シリア情勢では平和貢献をアピールした。

 トランプ氏によると、安倍首相はノルウェーのノーベル賞委員会に5枚にわたる推薦状を送り、そのコピーがホワイトハウスに届けられた。米朝関係が改善し、北朝鮮が核・ミサイル実験を停止したことなどが推薦理由とみられる。

 トランプ氏は今月27~28日にベトナム・ハノイで行われる2回目の米朝首脳会談に関する質問に答える中で、「首相は、ノーベル賞を授与する人々に送った非常に美しい書簡のコピーを私にくれた」と述べた。首相は「日本を代表して謹んでノーベル平和賞を(トランプ氏に)授与するよう頼んでいる」と語ったという。

        ◇

 日本政府関係者は16日、安倍首相が米大統領を平和賞に推薦したことは事実だと認めた。推薦状を送った時期は初の米朝首脳会談以降とみられるという。

447475 1 政治 2019/02/17 05:00:00 2019/02/17 11:10:55 2019/02/17 11:10:55

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ