再三の謝罪要請「韓国側もよく聞いていた」外相

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ミュンヘン=藤原健作】河野外相は16日夜(日本時間17日未明)、韓国の文喜相ムンヒサン国会議長が天皇陛下に元慰安婦ヘの謝罪を求めた発言に関し、15日の日韓外相会談で遺憾の意を伝えたことを明らかにした。

 河野氏は、ドイツ・ミュンヘンでの韓国の康京和カンギョンファ外相との会談で、文議長の発言について「発言に大変驚くとともに残念に思うと申し上げ、しっかりと対応してくださいと伝えた」と記者団に語った。日本政府が再三にわたって謝罪と撤回を求めていることに触れ、「韓国側もよく聞いていたので、しっかりとメッセージは伝わっていると思う」と強調した。

 韓国外交省は、15日の外相会談の内容について、河野氏から文議長の発言についての言及はなかったと説明しており、食い違いを見せている。

無断転載禁止
447904 0 政治 2019/02/17 20:49:00 2019/02/18 07:59:20 2019/02/18 07:59:20

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ