「統計委長、国会協力できず」総務省が無断文書

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 石田総務相は26日の記者会見で、総務省統計委員会の西村清彦委員長(政策研究大学院大特別教授)が国会を欠席する理由を記した文書を本人に無断で野党に示していたとして陳謝した。石田氏は「担当職員が西村氏とやり取りをする過程のものであり、正式に提出されたものではなかった。大変申し訳ない」と述べた。

 同省は22日、野党から26日の衆院総務委員会への西村氏の参考人出席を求められた際、西村氏が「統計委委員長は非常勤の時間給のアルバイト公務員。これ以上本務に支障をきたす形では協力できない」と述べたとする文書を提出した。

 これに対し、西村氏は「明らかに不正確であり、極めて遺憾だ。本務に支障のない限りにおいて、国会には協力する」とした署名入り文書を提出。同省は25日、同文書を野党に再提出した。26日の衆院総務委には西村氏は欠席し、北村行伸委員長代理が出席した。

464219 0 政治 2019/02/26 22:27:00 2019/02/26 22:27:00 2019/02/26 22:27:00

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ