岩手の内陸と沿岸つなぐ交通網、首相が視察

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

開通式典でテープカットする安倍首相(中央)ら(9日午前、岩手県釜石市で)=代表撮影
開通式典でテープカットする安倍首相(中央)ら(9日午前、岩手県釜石市で)=代表撮影

 安倍首相は9日、東日本大震災から11日で8年を迎えるのを前に、岩手県を訪問し、復興状況を視察した。首相は釜石市での道路全線開通式典に出席し、「震災からまもなく8年。『東北の復興なくして、日本の再生なし』の一心で、被災者の声に耳を傾けてきた。引き続き、全力で復興に取り組む」と述べた。

 全線開通したのは、国が震災からの復興支援道路と位置づけ、整備した東北横断自動車道釜石秋田線の釜石花巻道路(岩手県釜石市―同県花巻市、80キロ)。接続する三陸沿岸道路の一部も合わせて内陸と沿岸をつなぐ交通網が整い、復興の加速が期待される。釜石市から花巻市までの所要時間は、震災前の約2時間から約40分短縮される。通行は無料。物流の利便性向上や観光振興のため、地元から待望する声も大きかった。

479461 0 政治 2019/03/09 16:24:00 2019/03/09 16:24:00 2019/03/09 16:24:00  三陸沿岸道路と東北横断自動車道が直結し、開通式典でテープカットする安倍晋三首相(中央)ら=9日午前11時51分、岩手県釜石市(代表撮影)(了) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/03/20190309-OYT1I50037-T.jpg?type=thumbnail

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ