注意した子の手を取り、引き止め説教「懲戒に該当」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 政府は15日の閣議で、民法が親権者に認めている子への「懲戒権」に関して、「親権者が子に反省を促すべく注意をしようとしたところ、子がこれに応じずにその場を立ち去ろうとしたため、子の手を取って引き止め、説教を継続する行為は懲戒に該当し得る」とする答弁書を決定した。立憲民主党の初鹿明博衆院議員の質問主意書に答えた。

無断転載禁止
491097 0 政治 2019/03/15 17:49:00 2019/03/15 19:06:35 2019/03/15 19:06:35

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ