障害者手帳、カード型の発行が可能に

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 障害者に交付される障害者手帳は4月1日以降、自治体の判断でカード型の発行が可能になる。運転免許証やクレジットカードなどと同じサイズで、手軽に持ち運べるようになる。

 カードでの交付を始めるのは、身体障害者手帳と、2年ごとに更新する精神障害者保健福祉手帳。手帳には氏名や障害の程度などが記載されており、公的な証明に使われるほか、公共交通機関などで示せば割引を受けられることがある。従来の手帳は縦約10センチ・メートル、横約7センチ・メートルで、「大きくて財布に入らない」などと改善を求める声が出ていた。

 カードはプラスチック製で、紙製の手帳より丈夫だ。交付にはシステム改修など自治体の準備も必要で、実際に始まるのは早くても数週間先になる見通し。

 厚生労働省によると、2018年3月時点で身体障害者手帳は約511万人、精神障害者保健福祉手帳は約99万人が交付を受けている。

515653 0 政治 2019/03/31 17:59:00 2019/03/31 18:17:36 2019/03/31 18:17:36

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ