「令和」考案は中西進氏か…有力候補と事前予想

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新元号に決まった「令和」を考案したとみられる中西進・国際日本文化研究センター名誉教授(89)(日本文学)は、万葉集研究の第一人者で、専門家の間でも「国書出典の元号案の選考を委嘱されるなら中西氏だろう」(日本文学が専門の東大名誉教授)と予想する声があった。

 中西氏は2日、読売新聞の取材に、「この件についてコメントすることはございません」と語った。

 中西氏は東大出身。万葉集が形成された過程を具体的に明らかにした中西氏の業績は「中西万葉学」とも称されている。

 政府は委嘱した学者を公表していない。菅官房長官は2日の記者会見で、「考案者を明らかにすれば誰がどのような元号を考案したかなどが詮索され、適当でない」と強調した。

無断転載禁止
518809 0 政治 2019/04/02 20:16:00 2019/04/03 00:08:41 2019/04/03 00:08:41

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ