「物分かりいい、すぐ忖度する」…塚田氏発言抜粋

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 塚田一郎・前国土交通副大臣の発言抜粋

     ◇

 私は国交副大臣だ。(自民党の)大家敏志参院議員が吉田博美参院幹事長と一緒に、副大臣室に来た。下関北九州道路だ。公共事業はやらないという民主党政権ができて(事業が)凍結した。何とかしないといけない。下関は誰の地盤か。安倍総理だ。麻生副総理の地元でもある北九州への道路の事業が止まっている。吉田参院幹事長が私の顔を見て「塚田、分かっているな。これは総理と副総理の地元の事業なんだよ」と。私、すごく物分かりがいい。すぐ忖度そんたくする。「分かりました」と。総理や副総理がそんなこと言えない。そんなこと実際ない。でも、私は忖度する。この事業を再スタートするため、新年度予算に国で直轄の調査計画に引き上げた。

無断転載禁止
523722 0 政治 2019/04/05 20:03:00 2019/04/05 20:03:00 2019/04/05 20:03:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ